新着情報

*

5才の時、小学校入学の為の知能テストを受けた。

通常のクラスのほかに特殊学級があり、

生徒を振り分ける為である。

左右に色々な図形が描いてあり、

同じ図形はどれか、という質問があった。

同じように見えるけれど、同じとは限らない、と考えた。

この先生は、同じという意味を考えたことがない、と思った。

暗黙の了解があるという人もいるけれど、

ドブ板通りにもそんなものは無い。

言葉について考えたことが無いだけである。

質問しても答えられない人が多い。

本人がわからない言葉を使う人が多い。

幸福とは、親とは、成長とは、思考とは、言葉とは、

定義することに悩んだことがある人に殆ど会わない。

言葉について考えたことが無い人は幸福についても分らない。

*

午前3時に小さな音がした。

障子を開けてみると雪がざんざか降っていた。

隣りの家の竹の葉に積もった雪が落ちたのかもしれない。

芋焼酎のお湯割りを持ってきて、ちびちびとやりながら、降る雪を見た。

杉苔の庭はすっかり雪におおわれ、雪は風に舞い降りつづいた。

*

バブルが崩壊したのはわたしが45才の時である。

26才の時から通算で1450人の人が入社し、1000人の社員が辞めていった。

才能は自分の不足を発見できることだと考えている。

そういう意味で可能性があるかもしれなかった辞めていった一人の若い社員を除いて、

他には才能があると思える人はいなかった。

将棋の羽生さんは、そういう意味で、自分の不足を発見できる天才あると思う。

*

細かいことを、

気にする能力のない人。

魂は細部に宿る、

ということを理解できない人。

右京さんとは違うんだね。

告別

 

父よ

やはりあの世は無かったですか

まだ死ぬほど淋しいですか