新着情報

*

副腎皮質ホルモンはノーベル賞になった薬だが、これが発見されるまではゼンソクで死ぬ人はいなかった。ー吉行淳之介の小説読本ヨリ

白髪染

白髪染は武士が始めたとされる。

合戦では白髪の武士が始めに首を獲られる。

 

独立してからも、

週末わたしは、

髭を剃ったことが無かった。

父は週末も髭を剃った。

なぜ剃るのだろうと思った。

 

老人は、

気が効かない。

理解力に欠ける。

躰に悪いことを修正しない。

ただでさえ不潔なのに、

ちかごろは白髪染をしないばかりか、

無精髭を生やす老人さえいる。

古谷一行はその1人であるが、

知性溢れる女性が、

寄ってくるとでも、

思っているのだろうか。

 

わたしはちかごろ、

週末も髭を剃り、

ぼかしという白髪染も始めた。

*

相手への思いが無ければ、

指圧は伝わらない。

言葉も同じ。

院長の夢

ウトウトしていたら、わたしの部屋に院長が入ってきて、いつものように指圧をしてくれた。わたしの知らないツボを教えてくれた。あれから誰にも指圧をしてもらっていなかったから、たまには出て来て指圧をしろよ、と言った。顔はよく見えなかった。

最後の指圧から3か月後、医者に騙されイレッサを呑み副作用の間質性肺炎で死んだ。イレッサに、末期肺癌に対する延命のエビデンスは無い。イレッサ承認の臨床データーを作成した医者の1人だった。その医者の著作を調べると共同研究の1冊の本しかなかった。分厚い本のなかの群馬大出身の彼の3頁しか無い論文のなかにも、ネット上の全ての臨床データーのなかにも延命にかんする数字は記載されていない。

臓器癌に抗癌剤は効かない、という本と、イレッサにかんするプリントを彼に渡した。抗癌剤は呑まない、と彼は言った。肺の水は抜いた方が良い、抜けば楽になる、イレッサを呑まなければまた指圧ができる、呑むなよ、とわたしは言った。

肺炎になって退院し、迎いに来てもらって妹のいる下北半島に移った。15カ月前、最後に電話で話してから4日後、イレッサを呑んでから3週間後、死んだ。昭和22年2月14日生A型享年69歳独身30年にわたるわたしの指圧師。妹さんからの手紙に、兄は他利の人でした、と書かれていた。

慢性閉塞性肺疾患の疑いがあるから調べたほうが良い、と大分前から言っていたのだけれど、彼は行かなかった。行っていれば肺癌に気づいてタバコもやめていたと思う。

覚悟はしたほうがいい、覚悟はした、じゃと言って電話を切った。葬式にも墓参りにも行っていない。

*

知能とは何か、

という問いを1時間以上継続して考えだことがありますか。

またあなたの知り合いのなかに、

そのように考えたことがあるかもしれないと思える方は、

何人おられますか。