新着情報

恋する言葉

句を作った時は、作った時の熱気あるから、不足に気づかず、言葉に恋をしているようなものです。熱気が無いと発想が出来ないけれど、熱気がある程度冷めないと、不足に気づかない。

子どもの教育

小学校1年生のとき、算数の宿題を間違うと、隣りに座って見ていた母が、わたしの腿をつねった。鮮明に覚えている。お母さんは変だな、と思った。子どもはお母さんの所有物ではなく、神様から預かった子どもです。子どもが6才になれば、母年齢も6才です。お母さんも幼い6才なのです。子どもが悪いことをした以外では、叱ってはいけないと思います。子どもを壊してしまいます。壊れてからでは、取り返しがつかなくなります。それが原因どうかは分かりませんが、小学生のときは、学期末通信簿の成績が下ると帰宅するのが嫌で、遠回りしていました。

子どもと自分自身について、向き合う必要があります。向き合うということについても考える必要があります。

自らに向き合え、

と教科書に書いてる。

けれど殆どの人は、

考えた事がない。

 

因みに訊いてみると、

まともに答えられる人は

1人も居ない。

コンペ応募社様各位

建築設計基本計画コンペの結果について

 

場所    世田谷区

土地面積  352.89平方メートル

用途地域  第二種低層住居専用地域

容積    529.335平方メートル

建物用途  共同住宅

条件戸数  21戸

参加社数  11社

結果    入選1社 佳作1社

 

学生コンペとかアイデアコンペではないので、施主の要望に沿い工夫を重ね、計画図面の通りに、法規も構造も設備も成立しなければならない。そうではない計画が多かったことにビックリしました。才能ある方々が安易かつ繊細さにかけたことは残念です。

 

ワンルーム条例違反

窓先空地違反

避難通路違反

世田谷区地階住居違反

区への確認交渉不足

寸法不明

面積表不足

自分の発想に溺れる

繊細さの欠落

安易かつ工夫不足

ありふれた発想

 

その中で、ほぼ満足できた計画に出会えたことは幸せでした。皆さまの、さらなる精進を期待しております。これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

現代俳句協会のネット句会に6月20日下記3句を投稿しました

 

あいをかたれず

蝉はながらえる

 

自生する水わさび

悲しみの深さをはかれ

 

傷つきうまれ

さらに傷つき

化けて死を全うせよ

1 / 17712345...102030...最後 »