新着情報

2018年6月18日

 

老人は

未明に

ふぐりを干す

 

あいをかたれず

蝉はながらえる

 

大井町線車輌

顔のない孫が

立っている

 

自生する水わさび

悲しみの深さをはかれ

 

きじばと半矢

草かげに屹立する

 

傷つきうまれ

さらに傷つき

化けて死を全うせよ

 

わたしが死ぬと

あなたは堪えられないから

わたしは死に切ることができない

 

死にきれるか

死にきりたい

死にきる

 

わたしはセコハンなんだ

とハタチの女が

男に言った

 

あなたがわたしを好きなのは

わたしがあなたを100倍も

好きだからなのです

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2018年6月13日

 

いとしい

血流のゆらぎ

脈をとる

 

ことごとくかたむいて建つ

東京タワー遠景

 

漂流郵便局気付

にほんごは自縄する

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2018年6月11日

 

汐がひき

砂城をつくる

ひとり

 

汐が引き

砂城を造る

ふたり

 

汐が引き

砂城を造る

指をください

 

刺青欲情

マスカラながれる

 

情交汗

落下して

ひらく刺青の花

 

冬海に情交する

築地警察死体安置所

 

野鳩半矢

草陰に屹立する

 

重い過去は

過去ではない

雨垂れ

 

いっしょに

死んでくれますか

雨垂れ

 

やったら

一生離れない

雨垂れ

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2018年6月8日

 

1億年まえは

くれーんだった

 

千年まえから

ここに居る

 

ふせいみゃくのあいまに

酒を呑む

 

ひふからひそかに

風花が舞いあがる

 

恋文はいつも小説

漂流郵便局気付

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2018年6月5日

 

抱かれる

幼児の夢の

夏列車

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2018年6月4日

 

ナイフを作る

焼入れが難しい恋

 

淵の恋の

肥後守の不整脈

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2018年5月28日

 

デスマスク

紅を

帯びる

 

杉小立

妄執を

弔う

 

鰯雲

死ぬのなら

刺しちがえなさい

 

闇が降り

子らの声が

消えた

 

故里は

悪の巣窟

ナイフ研ぐ

 

五月雨

きょうも会社は

たのしかった

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2018年5月17日

 

湯割り呑む備前焼に

森の陽こぼれる

 

酸素計を見ながら歩く

五月の夏

 

90度傾いて眺める

土と草と走る人と

五月の風

教科書のとおりに会社経営をすると、

会社は潰れる。

新子川柳

 

こちらあなたの夫と死ぬる女です

妻を殺してゆらりゆらりと訪ね来よ

小生という言葉をつかう人が稀にいる。

本を読む習慣のない人なのでしょう。

誰からみても偉人というような人が目下の人に対してつかう言葉、なのでしょうがそのような人は思いあたらない。裁判官にも大学教授にも政治家にもいるわけがない。そのような人がいるとしても小生という言葉は使わない。やはり蒙昧な人がつかう言葉なのでしょう。

ついでにひと言。

官僚でもないのに、

小職という言葉をつかう人がいる。

間違ったとしても恥ずかしくない言葉と、

恥ずかしい言葉がある。

べき、という言葉には、

内包するものは何もないと思います。

使わないほうがよいと思います。

 

わたしは、

父親だからとか、

友人だからとか、

社長だからとか、

考えことがありません。

 

役割に人格があるとも思いません。

弁護士にも教師にも母親にも、

人格はないと思います。

役割ほんらいの考えかたがあるのではなく、

役割のまえの人としての考えかたを、

問いたいと思います。

 

佳い弁護士は、

弁護士としての考えが優れているというより、

人としての考えかたが優れているのだと思います。

 

質問はひとつのコミニケーションですから、

価値観を明確にしたほうが伝わると思います。

質問者の価値観が表現されなければ、

回答者は質問の意図を理解できないおそれがあります。