新着情報

悪人であるという自覚

反社会勢力は、社会を悪くすることは出来ない。誰もが悪いことだと分かっているからだ。

自分は悪いことをしないと信じている人、このような人こそが、社会を悪くする。始末に負えない。自分が悪事を働いていることに気がつかない。刑法に触れなければ悪ではないと思う。理由がありやむを得ないから悪ではない、他の人もしているから悪ではない、という回路である。自分の本質が悪人であることに気がつかない。何が悪であるのか分からない。教えてあげると、生きるためだからやむを得ないと正当化する。お釈迦様によれば、人は全て悪人である。自分が得をするように立ち回り、社会の悪を隠蔽し、社会をさらに悪くする。悪をしてはいけないと言うのではない。人は悪を行うために生まれるのだから、何をしてもいい、悪人であると自覚するなら。ただ、悪であるという自覚が無ければ醜い。糞より醜い。

管理職

どうしましょうか、という質問は管理職としては知能が低すぎて罰金をとりたい。専門家はこう言っていますが、でも、わたしはこういう理由でこのようにしたい、あるいは、わたしもそう思いますので、そのようにしたい、よろしいでしょうか、と質問するのが普通で普通の知能があると認める。

邑社会のならわし

官業に近い邑には、不思議なルールとか慣わしがある。公益相撲協会、公益体操協会、公益レスリング協会、官僚の邑、公務員の邑、裁判の邑、巨大企業取締役の邑、他。一般の社会人から見ると不合理なことが、それなりの事情があるからそうなっているのです、と答える。東芝の代々の代表取締役もそれなりの事情があり犯罪を引き継いできた。驚くべきことに彼等は自らが犯罪者であるという意識が無く、むしろ被害者のような意識で犯罪を行なっている。本質的犯罪は溢れているけれど、邑の人達は気付く能力が欠落している。

脳力

藤井聡太くんは、

失敗することを、

知っているから、

どこにいても、

何をしていても、

四六時中、

眠っていても、

考えたくなくても、

脳が勝手に、

気になる棋譜を、

考えつづける。

輪廻

あなたは、

母に可愛いと思われなかった。

愛しいと思われなかった。

幼い子にすぐ伝わった。

幼い子は傷つき、

他者を拒否する道を選んだ。

 

人を信じられない不幸に、

他者への愛の発芽は無い。

愛の無いところに、

才能の発芽はない。

自らの知能の低さに、

気付くこともない。

低い知能は、

脱出する方法論に、

気付かず、

自らの下品な言葉に、

気付くこともない。

 

あなたは、

かっての母となり、

傷つける。