新着情報

大相撲は治外法権か

横綱審議委員会委員も、危機管理委員会委員も、貴乃花親方を非難するのは誤りである。巡業部長の責任の前に、理事の責任の前に、国民の義務がある。『暴行を止められなかった』のではなく『意志をもって暴行を止めなかった!』のです。刑事事件であり殺人事件になっていたかもしれない事件である。話し合いに応じていれば、証拠隠滅を画策され、『示談に応じなければ相撲を取れなくなる!』と脅されていたのは明白である。同じ穴のムジナであり共犯者である、委員もまたしかり。検察の結果が出るまでは協会関係者との話し合いに応じない、とした貴乃花親方は国民の義務として正しい。

大相撲は治外法権か

相撲協会危機管理委員会委員長元名古屋高検検事長高野利雄弁護士の判断は疑問である。

横綱審議委員長北村正任氏の判断は疑問である。

 

傷害事件であり刑事事件でさえある。殺人未遂となっていたとしても不思議ではない。

 

示談にしようとか、警察に通報せず内々で解決すべきであったとか、親方衆は自分たちの利益のみを考える。反省する気配は欠片もない。警察の捜査が終了する前に当事者が協会に報告をすべきであったとするのは、証拠を隠滅し揉み消せ、ということと同義である。横綱審議委員長までもが犯人と同じ穴のムジナであり、10年前の殺人事件以来何ら変わっていない。

 

内々で解決しようとせず、口裏を合わそうとせず、事件を揉み消さず、まず警察の捜査終了を待つのが国民の義務である。貴乃花が巡業部長なら巡業に参加しないという白鵬は何らの反省も無い。白鵬の発言に対し、力士会として要望するように、との八角理事長の扇動は反省の欠片も無く呆れる。反省の無い、理事と力士と文科相と内閣府の官僚とを、何故解雇しないのか。

 

公益法人は本来内部の理事および親族の合計は3分の1以下でなければならない。公益の常識という観点から鑑みれば、理事長が所属する企業の社員は全て内部者であり、六親等以内の親族は内部者とされなければならない。

 

自らの膿を自らが絞り出すことは出来ない。協会の対応を注視する、とする考えの文部科学省と内閣府の官僚が諸悪の根源である。何故公益を取り消さないのか。

 

公益財団法人日本相撲協会定款第3条にあるとおり、相撲は日本古来よりの神事であり文化である。格闘技である前に文化であるからこそ、公益であり国税に優遇される根拠がある。殺人と賭博と傷害を繰り返す団体。力士出身者の利益を守る団体に公益の根拠はない。

*

ホンダジェット機、

参入2年にて世界一を達成する。

 

本田宗一郎の教え、

他人の真似をするな。

木がやまにあるように

倫理はどこにあるのだろう

 

わたしは倫理をみたことがない

詩のなかにも倫理はない

 

テレビにはあふれているようだけれど

とてもあるようにおもえない

午前3時

きみはどこか

 

バッファリンを5箱のんだきみよ

大阪の宿のかもいからぶらさがったきみよ

銀座のビルからとびおりたきみよ

わたしがおくった本をよんで死んだきみよ

茨城のげんかんで首を括ったきみよ

掻きあつめた睡眠薬をのんだきみよ

芋焼酎ゆわりをのむきみよ