新着情報

小説のはなし

純文学、大衆文学、中間小説、通俗小説、風俗小説、読み物。垣根がありそうでない小説の分類。なさそうである分類。文学評論もしくは卒論のテーマは純文学系が多い。現在の純文学系は、群像、文学界、新潮、文藝、すばる、である。オール読物、小説新潮、等は純文学系とは言わない。私が中学の頃から30才くらいまで、純文学系以外の小説を読んだのは司馬遼太郎だけである。純文学系を1000冊は読んでほしい。

小人乃交

小人乃交甘如醴

小人の交わりは甘きこと醴(れい)の如し

醴ー米を柔らかい粥程度に炊き、冷したところに麹を入れて、発酵するまえに呑む酒。

質問

1.純文学系小説を年何冊位読んでいますか。        冊

心がふるえた純文学系小説があればタイトルを記載して下さい。(何冊でも可)

2.映画館で映画を年何回位観ますか。           回

映画館で観た心がふるえた映画があればタイトルを記載して下さい。

3.劇場で演劇を年何回位観ますか。            回

劇場で観た心がふるえた演劇があればタイトルを記載して下さい。

4.美術館には年何回位行きますか。            回

どんな分野の美術館ですか。

5.心がふるえた詩集、工芸、建築、デザイン等があれば記載して下さい。

6.「あなたにとっての友」について定義してください。

ふるさと納税

ふるさと納税は泥棒である。

政治家が泥棒をし、

官僚が泥棒をし、

1部の国民が泥棒をする。

百歩譲って、

御返しがゼロなら、

まだ我慢できる。

*

「故郷憎悪」で検索してみると面白い。

故郷を好きな人と嫌いな人がいると常々考えていた。わたしは嫌いであるけれど、嫌いな人の方が すぐれた小説とかすぐれた映画を数多く知っていると思っている。