新着情報

親子のバランスシート

佐々木(以下、Sa):私が親として子供と付き合って、バランスシートはどうだったのかと考えることがあります、儲かったのか損したのか。また、私の父はどうだったんだろう、母はどうだったんだろうと、私を生んで育てて。

私の2級下の大学時代からの友達に訊いたんですよ、君の両親はどうだったかって。そうすると彼曰く、「母親は損したかもしれない、父親は得をしただろう。」彼はどちらかというとお母さんのことが好きだったんですね。本橋君の親はどうだろう?

本橋(以下、Mo):うちの親は俄然儲かっているのではないでしょうか、謙虚に言って。(笑)

Sa:それは幸せだな。

Mo:僕がそう言ってあげないと。親の気持ちになったら。

Sa:それはそうだね。(笑)

  でも面白いもんで、本橋君みたいに言える人はそう多くはないでしょう。

Mo:佐々木さんはどうでしょうか?

Sa:私は対子供で考えると、儲かっているんじゃないかな。

Mo:ではその明細を教えて下さい。

Sa:やっぱり会うと幸せだよね。上の子が2ヶ月ぶりくらいに来て、やっぱり顔をみると良いよね。

  結局、親と子という切り口で、銘々がその人の生き方全般を表現しているわけです。自分がどういう生き方をしてきたのか、どういう風に死んでいくのかという。そういう意味で儲かっていると言えるということは、幸せだよね。そう言えることは良いと思うよ。

Mo:そういう生き方というのはどういうことなのでしょうか?

Sa:やっぱり、最終的に生まれてきて良かったな、と。いろいろあるけれども、この星も見捨てたもんじゃないよ、ということかな。彼と会えたのが良かったとか。何十億年前にお互いを作る元素がどこにいたかはわからないけれど、一瞬すっと巡り会うわけでしょ。数十年間。宇宙の歴史の中からすると、ほんとに一瞬。そういう風に考えれば、友達も含めて巡り会って良かったなと思いますよ。4,5歳の頃は、計算が合わないなって思ってたんだよ。楽しいことは、それはいっぱいある。でも哀しいこともあるし、それが辛い。幸せなことは無くても我慢できる、でも哀しいことはあったら我慢ができない。どう考えても、損だなって。それが未だにずっと残ってる、耳の後ろあたりに。でも、24,25の頃には生まれてきて良かったと思えるようになったね。

わたしの友人のお父様が亡くなられた。83才とのこと。

検査入院中の病院から、お母様に「愛している」と何回も電話があったとのこと。お母様は82才。病院で評判とのこと。当日、面会時間中、手を握りあってずっと見つめ合っていたとのこと。友人が、「どうしていつまでも見つめ合っているの?」と質問するも、返事はなかったとのこと。

善と悪

佐々木(以下、Sa):池波正太郎さんはこう言っています。「善人というのは普段は良いことをやっていて、たまに悪いことをする人、これを善人という。悪人というのはたまに良いことをして、普段は悪いことをしている人、これを悪人という。」これが池波正太郎さんの善人と悪人の定義です。私はどっちかな、五分五分くらいかな。

本橋(以下、Mo):普通の人ですね。僕はどちらかというと、悪人の方じゃないかな。マイナスから入った方が、プラスに転じ易い。

Sa:ハイティーンの子は性悪説の方が好きな人が多いんですね。性善説はやっぱりハイティーンの子は取らないんですよ。性善説は何かいかがわしくて、腐った魚の臭いがするっていうんですよ。(笑) だから性悪説の方に惹かれているようなことを言うと、年寄りから「お前は相変わらず青臭いな」って言われたもんです、二十歳前後の頃。

でも、善と悪の定義は難しいよね。善とは何ですか、悪とは何ですか?

Mo:まあ、相対論じゃないでしょうか、善も悪も。例えば法律で言うと、イスラムの法体系では女性がスカーフを被るのはもちろん善ですが、フランスの法体系の下では悪と言われかねません。主観でしか善悪は判断できませんよね。戦争をする両者は当然、自らを善として戦争するわけですよね。そして相手が悪になる。

Sa:悪の枢軸になるわけね。

Mo:だから自分の立場によってコロコロ変わる、非常にいかがわしいものかも知れません。

Sa:第三者的に見るとそうならざるを得ないよね。

Mo:そういう前提を了解していない状態で善悪を判断するのは危険であると思います。

Sa:私は今まで善悪に興味をもったことはないんですね。子供の頃から、私の友達は悪の方の表現をする人が多いのですが。私にとって善とか悪とかあるのかは分かりませんね。自分にとっての善とは何か、悪とは何か?

Mo:それは言い切れないですよね。善とは何かという言い方ではなくて、何々は善であるとは言えるかもしれないですよね。例えば、美しいものは善で醜いものは悪じゃないですか。つまり何々が善であるというようには、説明できない概念なのではないでしょうか。形容詞的にしか言えなくて、そのものを直接定義はできない。それ以上言い様がなくて、あとは範例を挙げることしかできないのではないでしょうか。

Sa:「美しいものが善である。」

Mo:それは一つの例ですね。

Sa:いや、例ではなくて、そういう風に定義しても良いかもしれない。「美しいものだけが善である」だから美しくないものは悪である、例外なく。

大平原、あるいは大海原に夕日が落ちる。私が学生の頃は富士山の麓にいたのだけれど、夕方になるとうどんの玉を買いに行くわけね、8円で。それで国道に出て歩いていくと、ちょうど西の方に向かって、道路の向こうに富士山が見えるわけ。その富士山に半分くらい太陽がかかって、そこから朱色の粉がわーっと降り掛かるように見えました。そういうのを見て、「なぜ人間はこれを美しいと思うのだろう」そんなことがずっと疑問でした。今は多分、美しいと感じるものは、その美しいのと同じものが自分の中にあるのだと思います、生まれる前から。何が美しいのかを学習するのではなくて、そもそも自分が生まれる前から元素の中にその記憶があって、それがその機会ごとに美に感応する部分が発見されてくると、今では思っています。だから自然の流れ、運行とかは美しいのだと思う。よく飛行機に乗って降りるときに、畑とか田んぼとか、川とか道路とかあるでしょ、いつも美しいと思うんだよね。なんで人間がいい加減につくったものが、なんでこんなに美しく見えるのだろうと。

人間の場合はけっこう学習もするから、その中で場面によって感じ方も変わってくるし、あるいは人の表情についてもその人の生い立ちとか環境によって、恐らく場面場面での感じ方は変わってくるであろうし。若い頃はそういったことで、大きく変わるでしょう。例えば、どういう人が美しいとかね。どういう表情が美しいか美しくないかによって、変わるじゃない。表情によって、信用できるかできないかも発見できるじゃない。それは要するに発見の仕方が違うわけです。20代まではそんな風に考えていましたけれど。

法律のはなし2

「公共工事の談合は、会社の取締役全員を執行猶予なしの実刑にすればなくなるんじゃないか」という話を聞いて、それを先の弁護士さんに意見を聞いてみたところ、「いや、減りませんよ。」と。それを聞いて私は唸ってしまいました。

 ―なんで減らないのでしょうか?

それは要するに人間論だということです。私は短絡的に、例えばうちの社員が悪さをしないように四分の三くらい見張っていれば把握できるだろうと考えていて、そのうちの三分の一を諦めるにしても残りの四分の二はコントロールできるだろう、と話をしたんですよ。つまり5割くらいは改善するのではないかと。そうしたら、「それはない」と言うんです。私は日常の上司と部下の関係や同僚関係を観て、それくらいいくのではないかという見通しですが、彼が言うには本質的に人間は、やる奴は殺されてもやるというわけです。人間の認識論ですね。それで私はまた「うっ」と唸って、その話題は終わり。(笑)

法律ってそういうところにあるというのが、彼と会って初めてわかりました。それまで法律はもっと硬質なものだと思っていました、もっと数学的、即物的でなくちゃいけないであるとか。論理は読む人によって解釈が違うであるということはなくて、一定の解釈がでるように法律は作られてなくてはいけない、といったように。中学生の頃のような感覚をずっともっていました。ところが違うんですよね。法律は要するに人間論なんですよね。

法律のはなし1

若気の至りで私は弁護士さんなんかと23,4歳から喧嘩をしていたから、話して「この人すごいな」とか感じる人がいますよね。大抵そういう人は、謙虚なんですよね。謙虚な人は恐い。(笑)逆の人は必ずボロを出すから。そのボロを捕まえると、けっこう勝てちゃうんですよね、揚げ足を取ってね。その尊敬している弁護士さんですが、知り合ったときに毎週一回、弁護士さん5人くらいと集まってミーティングをしていたのですが、彼は結論を言わないんですよね。見解を言わない。迷っているんですよね。みんなは言うのだけれど。

つまり法律は時勢によって変わるし、法律の文章が同じでも裁判になれば解釈が変わるし、扱いも変わります。裁判官によっても、世論によっても大きく変わります。彼曰く、「法律は法律として文章の中で自律していない」。だから算式があって数字を入力すれば答えは出るということはないわけです。法律はそんなにきちんとしたものじゃない、ということのようです。