自動水栓の点検

トイレで手を洗った後に水を止めようとしてハンドル部分を触る時、ハンドルが汚れているとまた手が汚れてしまいます。その点、自動水栓であれば全く気にすること無く手を洗うことができます。

先日、管理ビルの巡回点検をしていた時に、トイレの自動水栓の水が出てこない箇所を発見しました。
自動水栓を分解点検しましたが、詰まりや弁の開閉に異常は見つからず、「ときどき水が出てこない」状況でした。詳しく調べた結果、弁を開閉させるための電気配線が接触不良になっているのを発見しました。

直ぐに新品の配線と交換し、正常に動作することを確認しました。
衛生設備ですが、電気の知識も必要な分野でした。
自動水栓は便利な分、日々のメンテナンスがとても重要な機器であります。