“フランスおとし”の交換

扉に付いている“フランスおとし”を交換しました。
聞き慣れない単語ですが、見たことはあると思います。
先日、ビルのテナント様より「事務所入口扉がガタつくので一度見てほしい」という電話連絡がありました。
直ぐに当社社員が現地へ向かい調査した結果、フランスおとしと呼ばれる金具の劣化による動作不良が原因でした。

“フランスおとし”という金具は扉を固定するための金具で、扉の上下に手動でボルトを出し、周囲に固定させる機構です。事務所の出入口扉などでよくみられます。
今回の不具合は、このフランスおとしの不具合によるものでしたので、フランスおとしを交換し各種調整を行い作業完了しました。

何気なく見て使っている物ですが、仕組みを理解していないと故障時の修理に多くの時間がかかってしまいます。
当社ではこれまで数多くの修理・調整対応を行ってきていますので、入居テナント様に安心してビルをご利用いただいています。